「辛いことがあったらいつでも呼んでくれ」と妖怪が言った

      2017/11/01

空神

空神は和歌山県西牟婁郡に伝わる神隠しの妖怪です。

空神伝説――

 西牟婁郡(和歌山県上富町)に、万蔵という男が住んでいました。

ある日万蔵は、妻と些細なことで喧嘩してしまい、家を飛び出したのです。

すると家を出てすぐの道で、山伏が万蔵を手招きしていました。

恐る恐る近づいてみると、山伏は「俺に負われ」と云うのです。

勢いで飛び出して、行く当てもないので、万蔵は言うとおりに背に負われました。

するとどういうことか、その山伏は地を離れ、空を飛び始めました。

山伏は親切に、人形芝居をやっている上空で「もっと早い時間なら見せてやれたのに」と残念そうに万蔵に云いました。

 

一方、万蔵の家では妻をはじめ家族総出で隣村まで足を延ばし万蔵を探していました。

そして三日後の事。

家の後ろにある杜から、ガサガサする音が聞こえる。なにかと不審に思った妻が覗いてみると、そこにはぐでんぐでんに酔っぱらった万蔵が倒れていたのです。

万蔵の意識が戻るのを待って、妻は「一体いままで、どこにいたの?」と聞きました。

すると万蔵は、「それについえは空神様との約束だから言えない。言うと怒られる」とはぐらかすのです。

それならはと妻は「じゃあ、なぜ帰ってきたんですか?」と聞くと、「空神様がそろそろ帰れと言ったんだ」と万蔵は言いました。

最後に、「ではなぜ酔っぱらっていたの?」と聞くと、
「七月十三日の夕刻、播州西宮で酒席があり、そこに参加させてもらったからだ」と答えました。

万蔵はただ単に嘘を吐いているようにも聞こえました。

しかしそれ以降、畑仕事の途中に度々万蔵は空を見上げ、「あっ、空神様のお通りだ!」などと言うとその都度、祈ったのです。

その理由はこうだ。空神様は万蔵に対して、「これからも辛い事とかあったらいつでも呼んでおくれ」と言ったそうです。

しかし、誰が空を見上げても、万蔵以外の者に空神様は見えなかったと云います。

神隠しの妖怪である空神様は万蔵を家族の元に帰している親切な妖怪である点がユニーク。

111106E5928CE6AD8CE5B1B1E799BDE6B59CE7A68FE88FB1E69F9AE38282E381AAE3818BE7AEB1E58685E5AEB9

この和歌山県西牟婁郡に古くから伝わる最高級の伝統的な和菓子が、福菱の柚子もなかです。

とっても香豊かな天然の柚の皮を使用した柚餡と、熟練職人の技で焼かれた極上のもなかをあわせた福菱独自の和菓子です。

噛んだ瞬間に、柚子の天然の香りが鼻をくすぐります。そして、ちょうど良い甘さの餡ともなかが空神と万蔵のように仲良く美味しいんですよ。楽しい時はもちろん、辛いときにも元気づけてくれる神の味です。

 

ユズ

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

保存保存

 - 暮らしデザイン, 自然, 食(Foods) , ,