子どもの心に寄り添って暮らす

   

子どもの心に寄り添う

いろんなビジネスでいうことですが、お客さまが選ぶ上で難しい商材であればあるほど、お客さまの心に寄り添うようにしましょうといいます。

難解な商品やサービスというのはその代表ですね。保険なんかがそうです。

大人だって、うまくやりたい、賢くやりたい・・・そんなとき寄り添ってもらえるとうれしいですよね。大人がそうなんだから、子どもももちろんんです。

自分の願望を叶えたいけど、どうしたらいいかよく分からない。

そんなとき、寄り添ってもらえるとうれしい。

声を出して本を読んでもらえる。たったこれだけのことでもうれしいものです。

ずっと昔、山口県に住むおんな友達を訪ねました。

まったく色恋抜きの関係でしたが、台風のために足留めを食い、どこにも行けずホテルにおとなしくしていました。

退屈だと思ったのか、部屋にやってきて、本を一生懸命、読んでくれたのです。自分はその一生懸命ぶりに心動かされました。

時間を潰す目的なら雑談するでもなんでも良いと思うのです。
でも彼女は、時間を潰すことを考えたわけではないんですよね。

せっかくお金と時間を使って、自分の故郷にきてくれた。それをどうもてなそうかと一生懸命考えたのだと思います。

その一生懸命を、読むことで一生懸命を表現したのです。

心寄り添うって、こういうことじゃないかと思いました。

それを子どもにしてるかというと、手抜きすることもあるんじゃないかと。

本の内容も大事ですが、一生懸命寄り添ってくれた記憶が、子どもにはなにより大事だと思う、春まだ遠いきさらぎの初日です。

 

 

b79e6699


SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ


ドロップシッピング ブログランキングへ

 

 - コミュニケーション(Communications), ブログ