ZeppinBook

絶品ブック

【引越し特集】引越し前に盗撮・盗聴防止は鉄則

      2017/11/01

引越し特集



 

私に“盗聴”も“盗撮”も無関係と考えてしまうのは、「一体誰がそんなことをするのか?」という謎だと思います。
考えても想像がつかない。
まして新しい転居先では知り合いも少なく尚更。

しかし「趣味」として考えたら、危険人物はどこにいたって不思議ではありません。
だから関係ない、面倒と考えず盗撮・盗聴器があるかないかを確かめることは鉄則です。
わずかな費用で簡単にできるので引越し前はもちろん、後になってもやっておきましょう。

盗聴器や盗撮器は、盗聴器や盗撮器の発信する微弱な電波を受信機で受信して聞いたり、見たりするするの仕組みになっています。

スマートフォンの画像も著しく進歩しています。IT機器の進展とともに、こういった迷惑な機器も進化し、安価になっているので普及も広がっていると考えるのが妥当でしょう。

一番多いのは、ベッド横のコンセントに仕掛けられれいるパターン。建築中、あるいか改装中に、内装業者、建築業者あるいは不動産業者か、わかりませんが、入居前に部屋に入ることのできた人物による盗聴器設置という疑いが生じます。

近頃はワイセツ目的で教師や警官になることもあります。盗撮器・盗聴器を仕掛ける目的でスキルを身につけ職業に選んでいる人がいてもおかしくありません。中古物件、賃貸の場合なら先に住んでいた人が仕掛けることもあります。

引越し業者さんには、「盗聴・盗撮器発見サービス」をしている会社もあります。相談してみるのもいいでしょう。
引越し達人セレクト

個人レベルでできることはたくさんあります。DIYショップや大型電器店、通信販売などで、「盗聴・盗撮器発見器」が、数千円で購入できます

音と光で盗聴器、盗撮器が仕組まれている場所を発見!

コンセント盗撮器

(防犯カメラと称して販売されている盗撮器)

コンセントは、ドライバー1本で自分でも確認できます。
ドライバーで開けてチェックしてみると、あるはずのない小さな機器が見つかる場合があります。

盗聴器や盗撮器は、微弱な電波を発しているものです。その電波を受信機で受信して盗聴や盗撮をされています。

「盗聴・盗撮発見器」は、電波に反応して不正な機器を発見します。

DIYショップや大型家電・電器店、通販などで、「盗聴・盗撮器発見器」、数千円で購入できます。

盗聴や盗撮は、微弱な電波を発しているものです。その電波を受信機で受信することによって盗聴や盗撮をされているわけですから、「盗聴・盗撮発見器」は、こうした電波に反応して不正な機器類を発見します。

家財を搬入する前に調査して、安心して入居したいものです。

盗撮・盗聴はイヤ

保存保存

 - 安全と安心(Relief), 引越し, 道具(stuff) , , , ,