部屋をジムにする

      2017/11/01

部屋をジムにする

すぐにできるベターライフな習慣づくり

肩こりや偏頭痛など原因不明、あるいは自己診断できそうな体の不調が出たときに、根本的な健康対策から目をそらしてマッサージで一時しのぎをしていませんか?

費用も時間も苦痛も無駄です。

ベターライフなご提案は、まず毎日の生活の中で、安心な食べ物と簡単でお金もかからない運動を少しずつ取り入れることです。

運動をすると、自分の体を意識するようになります。←ポイントです。

よく食べないダイエットをする人がいますが、うまくいかないことは体験者の言葉からわかっています。筋肉がついて基礎代謝があがると太りにくい身体づくりができるというのは本当ですが、そのレベルにいくまでに挫折する方が多いのも本当。

食べてダイエット

簡単なのは「食べてダイエットする」方法。
人間の身体は食べ物でできています。

だから自分にふさわしいものを食べると10kgは内臓脂肪で簡単に落とせます。
温野菜でできてしまうから野菜の力ってすごいですね。
10kg落としたって見た目はさほど変わりません。

温野菜でダイエット

運動の出番はここからです。腹筋は身体の中でも大きな筋肉なので、ストレッチ程度でも大きな効果が出やすい部位です。
クランチがおすすめです。映像を見てください。スクワットも効果が高い運動です。

身体や足元の安定にはヨガマット トレーニングマット エクササイズマットを使うと怪我の予防になります。
ジムにいくまでもなく、ジムに通う時間で効果を出せます。♪お部屋でジムです。

ヨガトレーニング

運動で注意しておきたいことは、運動はランニングであっても、自己流で行うと、体を痛めるリスクがあることです。

ジムに潜む危険

これはジムに行っても同じです。
ジムの良い点はマシンが怪我しにくいように設計されている点です。
なので、新しいマシンを導入したジムほど料金もアップしますが安全度も高いのです。

しかし、いくらマシンが新しくても、自己流で行うと痛めるリスクがあります。
事実仲良くしていた人が身体を痛めてジムから離れていき戻ってきません。

それを防止するには、ONE TO ONE のパーソナルトレーナーと契約することですが、費用もかかります。

「ジムには無料でサポートしてくれるトレーナーがいるでしょう?」と疑問に思う方が多いと思いますが、トレーナーは間違った運動をしていても、求めない限りアドバイスをしません。

アドバイスすると逆ギレされてしまうからです。
さわらぬ神に祟りなし」で見て見ぬふりをされてしますのです。

食事も運動も、最初は想像以上の効果が出せます。
この段階での効果を実感すると意識が変わります。

しかし人間には「自然治癒力」があるように、体調の変化を防御する力があります。
この力が働くので、「変化」を拒むのです。

変化を拒む力は身体にも精神にも働きます。自分が望んでも勝手に働くので新しい習慣を取り入れるのが難しくなります。これを突破するのに時間がかかるんです。

エアロバイク
だから続ける力が必要になります。エアロバイクは安くて簡単にジムに変身させることができます。

このレベルを次のステージと考えて、まずはキッチンとお部屋だけでできる効果を実感してみましょう。

動画で確認する〜サイクルツイスタースリムベルト3本セット

 

保存保存

 - 安全と安心(Relief), 暮らしデザイン, 食(Foods) , ,