絶品人生はエンドレスにワンダフル

      2017/06/30

ハッピーエンドはエンドレスのワンダフル

 

人生はエンドレスにワンダフル

人は誰でも同じ状況で暮らすことは困難です。

それには「ひと」にも「社会」にも終わりがあるからです。

おわりはひちつの終わりでしかありませんが、楽しく素敵に継承できるかがキー話です。

たとえば京都は古い街ですが、その分、移り変わる「伝統」を引き継ぎ継承されていきます。

「転勤・引越し・親離れ・子離れ・結婚・物離れ・離婚・親になる・子育て」

これらは、世代を超えて循環します。知らないもの同士が組み合わせになり、またそこから出会いと別れが繰り返されます。

結婚はハッピーエンドですが、その他も一つの終わりであり、一つの終わりは一つの始まりであることに変わりはありません、

結婚はひとつの変化ですが、他のことも変化です。

その一方で、人は変化を嫌います。

結婚という大変化に対しいては憧れをもって受け入れるのに、不思議といえば不思議ですね。
結婚だって後悔することもありうることを耳学問としては知っていても、前のめりになってしまうのは「承認される」喜びがあるからでしょうね。

もちろん、転勤・引越し・親離れ・子離れ・物離れ・離婚・親になる・子育て」にも承認の大チャンスです。

常用なんは、結婚するときに、心の整理をするように、他のことにも積極的に希望をもってすることではないでしょうか>そこでひつようなのは「ライフプラン」です。

会社なら「経営計画書」があります。
家族にも「ライフプラン」が明確になっていると良いですね。

有料会員の方は、添付の簡易版「エンディングノート」を見て書き込んでみてください。

エンディングノートは人生の終焉を迎えた人だけのものではありません。

人には「もしも」ということがあります。

年齢に関係なく、「もしもの場合」から見てはどうでしょう?

残された人は、あなたのことを分からないまま慌ただしく、あの世に送る出すことになります。

遺品整理は、追い着いてからになるので、「ああこれを棺にいれてあげたかった」と後悔が生じるのは、悲しいかな、一切が終わってからです。

あなたに必要なのは「ライフプラン」「エンドレスノート」かも知れません。

この「2つは本来はひとつのもですであるべきです、

しかも、この2冊は世代的ターゲット絞って発行したもので、本来はいつの時代も同じものなのです。弊社では一冊で使えるものを現在準備中です。

「エンディングノート」を見て書き込んでみてください。

エンディングノートは人生の終焉を迎えた人だけのものではありません。

人は「もしも」ということがあります。

年齢に関係なく、「もしもの場合」から見てはどうでしょう?

あなたに必要なのは「ライフプラン」かも知れません。

「ライフプラン」はお金の計算ではありません。

よろこびの計算です。

「ライフプラン」には、いくつもの終わりと始まりがあります。

人は変化を嫌いますが、現実は変化の連続なのです。

変化を自覚することが心の整理であり、整理するためのツールが「ライフプラン」です。

「ライフプラン」を使って、美しく変化できれるようにライフスキルを高めるわけで、

それによって、人生はエンドレスにワンダフルにできるのです。

 

人も人生も会社も百人百様です。

成功する人とそうでない人には、大きな違いがいくつかありますがが、その一つが「経営計画書」です。

「経営計画書」というと難しそうですが、平たく言えば「準備」に他なりません。どこへどのように行くのかを明確にしたもので、明確であればあるほど活動しやすくなります。

「準備」は呼び方は違ってもすべてに共通しています。「生前葬」も「準備」「心の整理」です。

料理なら「レシピ」だし、暮らしなら「ライフプラン」です。「終活」もそうです。
難易度が高いほど、準備にするにもトレーニングが必要になります。

そこで違いが出る違いが生じます。その原因の元になっているのが、繰り返し述べているP.A.Cです。
P.A.C(親の心、大人の心、子どもの心)のバランスです。P.A.Cは自分そのものです。

P.A.Cを整えることは、言葉と態度で可能です。

三日坊主、PDCAを回せる、回せない・・・これらの言葉の基礎にあるのがP.A.Cですから、改善に自助努力してください。

 

 - 暮らし, 生前葬, 生活を満喫するブログ