【終活のゴエス】ミニマリスト、生前整理で【絶品】デトックス

      2017/08/12

gos

メルカリで売れない

メルカリやオークションは人気だそうです。
自分も出品していますが、売れません。
高いからでしょうね。
出品しているけど、どこかに売りたくない気持ちがブレーキをかけているのだと思います。

好きだから持っていて、好きだから新品同様なのであって、ブレーキをかけるのが人の心だと思います。

高いものを安くすれば売れるでしょうね。でも可哀想でできません。

裕福な家ほど相続では揉めないけど、遺品でもめる

遺品整理で、裕福なお宅ほど、もめるようです、遺産相続ではもめないのは、裕福なお宅ほど遺言書があるからです。
なのに遺品整理でもめるのは、そこまで整理されていないからです。

一緒にお住まいだった娘さんは、お母さんが大事にされていた、好きで愛用されていたのを知っています。
なので処分できない。
処分されないのを見て、「では記念に私がもらっておきます」と遠い姉妹がズカズカと入ってこられる。
本当に大事に使ってもらうなら承諾もするものの、売却されるのは心を踏みにじられるようで「嫌だ」と語る娘さん。

物が残された人の関係を壊していきます。

安くても高くても「物」は単なる物ではないと思います。

物には心がつまっています。

それを使う使わないに関係なく、心がつまっています。

その心を知らない人が入ってくると大事にしていた分だけ深く傷つきます。

全然、そうでない物もあります。

物に罪があるわけではありませんが、違いがあります。

その違いを分かりようもないままに、高い安いで測られると関係性すら壊れます。

遺品整理は、残されたものにはつらすぎる仕事です。

だから生前整理が必須です。

生前整理はいつすればいいのか

ではいつ生前整理したらいいのでしょう?

できるだけ若いうちに。

だって、小林麻央さんや夏目雅子さんのようなことは誰にも起こります。

自分の周囲には何人も30歳を目前にして亡くなっています。

症状も、環境も、麻央さんによく似た人もいます。

若いときには生前整理と言いません。
ミニマリスト、minimalismと呼びます。


でも実態は生前整理と同じです。
ミニマリストは解毒、デトックスに通じています。
生前整理も解毒です。あとで物をめぐって心が痛む可能性があるなら、そんな毒は処分しておく方がいい。

そうは言ってもミニマリストも生前整理も、本当に大切なものは持っておこうとします。
愛された物はいつまでも大事に身近に置いておこうとします。

それはとっても素敵なこと。
その素敵を体感するために、ミニマリストであり、生前整理です。
そう!いまこの瞬間を精一杯生きるために!

生前整理

 - 暮らし, 終活