子育て・愛着行動 安全と安心(Relief) 終活

安全と安心(Relief)

更新日:

o0600035012092475628

マズローの欲求五段階説は、いまでは知らない人がいないくらい有名ですね。

生理的欲求
食料、水、睡眠、排泄、セックス、衣類、住居

安全の欲求
健康、身体、資源、雇用

所属と愛の欲求
情愛、家族、友人、親密な関係、性愛

承認の欲求
尊敬、自尊心、自信、達成

自己実現の欲求
モラル、目標、目的、主体性、自発性、問題解決スキル(ライフスキル)
感情のコントロール、偏見のなさ

マズローの欲求五段階説を恋愛にあてはめたら

これらマズローの欲求五段階説をさらに応用すると
モチベーションや、家計、恋愛・結婚など具体的で狭義なテーマに
落とし込むことが可能になります。

「マズローの欲求五段階説」を家計に応用するとどうなるでしょう。

 

最下層にあたる「生理的欲求」では、食料、水、衣類、住居などを挙げ、
最初に確保しなければならない費用としました。

次に「安全の欲求」を満たす費用として
保険や光熱費や保険、さらに仕事関連の費用を挙げました。

これらの費用が満たされていると、
「所属と愛の欲求」の予算が確保できるようになるとしています。
確かにそうですね。

この応用は、ライフプランニングを進める上でとても効果的で役立ちますが、
あくまでLuke Landes氏の説で、
それぞれの個人に該当するかといえば、事情が変わってきます。

Luke-Landes-2014-4-1-300x300

Luke Landes氏

現代の普遍的な価値観は、祖父母の世代、親の世代とは違っていて、
欲求の五段階説に変化はなくとも、予算配分となると一筋縄ではいきません。

安全と安心の欲求は生きる上でとても重要ですが、
自分は生育期の感じ方で随分変わってくると思います。

たとえば境界性パーソナリティ障害が増えているのでしょう?

安全・安心のコストはかってと比べてはるかに高くなっています。

核家族化、女性の負担増、養育環境の変化、こどもの孤立化

境界性パーソナリティ障害を後押しする環境

なにもかもが境界性パーソナリティ障害を後押ししています。

たとえば、親密な関係が結べない人がいます。
客観的に見て、この上なく幸福な状態にあるのに、
自身では受け入れ難く「気持ちが悪い」とさえ言い放ちます。
自ら状態を破壊したい欲求に苛まれているような人の場合、
安全が安心にならない不合理が生じます。

所属と愛の欲求で立ち往生し、安全の欲求が満たされかねない人の場合、
通常のライフプランの発想では組めなくなってしまうのです。

夫婦仲は悪くないのに別居状態に陥ると、家が2件必要になるということも起こるのです。
こんなことを普通のライフプランでは考えません。

しかし現実にはあります。

 

FZ042_L

 

保存保存

人気記事

人生80年 1

睡眠不足だと食べ過ぎから肥満になる 今夜からできる、金運をベ ...

スリープアスリート 2

ベッドは他の家具とは異質の家具 人は一生に少なくとも3台のベ ...

フロアベッド 3

質感の良いベッドでゆったりと眠り、広がる空間で目覚めたい。 ...

4

姫、一大事です! メラトニンは大丈夫? メラトニンはたんぱく ...

ママと一緒に眠りたい 5

赤ちゃんはよく眠る スヤスヤ眠る赤ちゃんは、「よく眠るひと」 ...

6

今回の熊本地震は、日本の中心を貫いている「中央構造線断層帯」 ...

-子育て・愛着行動, 安全と安心(Relief), 終活
-, ,

Copyright© ZeppinBook , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.