ベッドと体と心の「心地良い暮らし」の快眠お役立ち情報

快眠のゴエスで3年続いた不眠を克服した!

更新日:

快眠のゴエスで見えないハードを発見。

快眠を希望しながらも、不眠を改善できず、睡眠導入剤の世話になる人は少なくありません。

人は眠れるようにできています。不眠は不自然です。

不自然なシステムを作ってしまっているのは驚きです。
個人にとって不眠の原因はひとつのように思われがちですが、ひとつではありません。
複数の原因があります。複数の原因が相互依存の関係にあり、連動して働きます。

快眠のゴエスは、次の5Sのことです。

見えないハードル

ゴエスは何に対しても使えますが、大事なのは、まず整理することです。

整理とは後始末ではなく、準備です。
後始末と考えると無駄な時間だと錯覚します。
準備と思うと必要な時間だと思います。

どちらにフィット感があるか、ここに「人生観」が見え隠れします。

気分がすっきりするからはじまり連鎖反応が起こります。
もともと因果関係で連鎖しているからです。

整理の効果は大きく分類すると4つあります。
健康面での効果、時間的な効果、経済的な効果、精神的な効果です。

快眠のゴエスを使うと頭がスッキリ、身体もスッキリ、自分がどうしたいのかハッキリして不眠が終わりました。

見えないハードルが無意識レベルで邪魔をしていたのです。

見えないハードルとは、根本的な原因のことで、整理によって認識できるようになります。

無意識レベルにあっては解決できないことも、認識できると解決できます。

ただし認識できても、ハードルがなくなるわけではありません。
工夫してハードルを越える方法を見つけなければなりません。

そのひとつが不眠です、不眠という現象を通じてハードルを越えるのです。

 

共通のパターン

眠れない人には、共通した思考パターンがあるようです。

自分にとって好ましくない結果をあれこれ考えてしまう。
起こらないことを起こると確信したわけでもなく可能性を心配し、一つ残らず枕の上に並べては、繰り返し、繰り返し、何度も考えてしまう。

思うにすべての「いきもの」というのは群れをなしています。
生存本能ですね。そこに「大衆心理」があります。

だから遅れを取るまいと追随しますが、そこには必ず扇動者がいます。
人は群れをなすと自分で考える能力が必ず低下します。
メカニズムから逃げられないからです。

みんなと同じという心理は、不安を先送りします。

不安があるとそれに囚われるので、孤独になります。
孤独は、恐怖、退屈、無能感、失敗と並ぶ人間の不安のひとつです。

何度も考えていると現実になる取り越し苦労

繰り返し、繰り返し、何度も考えていると眠れなくなります。

眠れないと翌日のパフォーマンスは下がります。また考え事が増えるか、早く解決したいと考えます。

しかし懸命に考えると。対策はでてきます。

不安は実際に起こるのか、どうかわからないけど、考えることで、万が一に備えることができます。

起こらなかった場合には、取り越し苦労だったで終わります。

それにしてもうまくいく可能性のあるポジティブなことを繰り返し考えないのはどうしてでしょう?

関心が強いのは、ポジティブな可能性より、ネガティブな可能性。
やっぱり、恐怖、退屈、無能感、失敗、孤独の方が嫌なんですね。

幸せになりたいと意識の上では考えながら、実際には不安に集中している。
相当数の人にとっては、こちらが真実ではないでしょうか?

その結果、70%の人が年老いたとき、チャレンジしなかったことが最大の失敗だと言葉にしているのです。

逆にポジティブな可能性を何度も繰り返したら、どうなると思いますか?
やはり、実現の可能性は高まります。

人間は意識以上に無意識を使って生きているからです。

無意識の力を上手に発揮する

誰にも意識する心(考え方)と無意識の心(考え方)があります。

ふたつを使って暮らしています。

意識する心(考え方)は、ポジティブなことを考える上で必要です、実際に使っています。

無意識はどうでしょう?
無意識には過去の教育や、思い出、習慣が沁み込んでいます。

自分にはわかりません。

なので主に、ネガティブなことは無意識が引き受けます。

なので、習慣で、繰り返し、繰り返し、何度も考えてしまいます。
自分の手に負えないことで心配した経験がある場合には、無意識が心配事を繰り返し考えさせてしまうのです。

心配事を心配する間に、どんどん集中してしまうのも無意識が記憶した習慣です。

これもエネルギーなので有効活用したいですね。

この画像をごらんください。

海面の上に出ているのが意識いた心、水面下にあるのが無意識の心。圧倒的に無意識の心の方が大きいですね。

潜在意識と呼ばれるものです。

意識の上では自由自在ですが、無意識がこれだけ大きいと自分でもわからない記憶がたっぷりあって、

整理されていない、それぞれの記憶が、勝手に考え出すと、自分でもコントロールができなくなります。

楽しいときに、突然悲しい感情が湧き上がるのにも理由があるはずです。

無意識が眠りに誘っている

無意識は身体全体を自在に動かしています。

障害を負うと、どうして自在に動いていたのか、考えてもわからなくなります。

全部、脳からの指示ですが、それを意識することはできません。

時間が来て眠くなるのも、体温が下がるからですが、体温を下げているのも無意識の力です。

無意識は眠るのに必要な条件を全部計算してベストのタイミングで脳にメッセージを送り込んで、眠りに誘います。

寝る時間になると考え事をしてしまうのも、考え事にベストな時間だと判断しているのかも知れません。

それも過去の習慣が影響しているようです。

自分を変えたいと思うなら、特長のある行為を全部出して、その背景にある過去を分析するのがいちばん早道です。

ベッド、マットレスのことならこちらがおすすめです。

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。

ベッド、マットレスを通販で買うときは、
梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。

このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドやマットレスの種類も豊富で探しやすい工夫があります。
ほとんどが送料無料なので価格も抑えることができます。

 

睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。
いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

  • B!

人気記事

1

95%のよく眠れないを快眠にするスリープアスリートになろう! …

2

ベッドは他の家具とは異質の家具 人は一生に少なくとも3台のベ …

3

質感の良いベッドでゆったりと眠り、広がる空間で目覚めたい。 …

4

姫、一大事です! メラトニンは大丈夫? メラトニンはたんぱく …

5

赤ちゃんはよく眠る スヤスヤ眠る赤ちゃんは、「よく眠るひと」 …

6

今回の熊本地震は、日本の中心を貫いている「中央構造線断層帯」 …