ベッドと体と心の「心地良い暮らし」の快眠お役立ち情報

出張先の眠りを快眠にする秘訣を我が家でも

更新日:

出張先の眠り

出張先での睡眠は日常と微妙に違い、どこか睡眠不足気味。
日常生活とも、観光旅行での眠りとも、違う異質なものです。

眠りが浅くなってしまうのは仕方がないこと。
いつもと寝具が違い、温度や湿度も違う状況では眠りの質が変わってしまうのは自然なことではないでしょうか?
廊下を歩く人の音や話し声、エレベータの音、隣室の声、窓の外の風景、どれもこれもが安眠の障害になります。

できる限りエレベータから離れた部屋、隣室と接していない角部屋、車道に接していない部屋など、考えて選びようにしましょう。

部屋の温度は眠りに大きな影響を与えます。特に冬や夏の冷暖房は過度に効かせてしまいがち。
身体の不調の原因になります。ホテルの空調は施設全体で温度管理しているところと個々の部屋で調整できるところがあります。おすすめは個々の部屋で調整できるホテルです。
夏場は28度、冬は16度以下にならないように気をつけましょう。

加湿器を貸してくれるホテルは多いので、リクエストされることをおすすめします。
もし借りられないようならバスタブに少しお湯をはっておいてドアを開けて寝るといいでしょう。
湿度は四季を通して50%程度がおすすめです。
入浴はゆっくりするようにしてください。

ホテルの場合、ほとんどが遮光カーテンを使用しているので、カーテンは閉めずに朝日が入るようにしておきましょう。
余裕があるなら熱いシャワーを浴びるか、冷たい水で顔を洗って、散歩に出かけるのも脳を活性化します。

寝酒 
つい一杯やりたくなりますが、眠りが浅くなり、睡眠の質が悪くなります。
慣れない土地では疲れやすいのでやめた方がいいでしょう。

カフェイン
就寝4〜6時間前のカフェインは利尿効果もあり、夜中に起きる原因になります。
睡眠の妨げになります。

ブルーライト
ブルーライトには脳を覚醒させる効果があります。
出張の場合、ついついパソコンやスマホを見てしまいがちになりますが、早く寝て、朝見る方が効果的です。
朝起きてすぐ見ると目ざめがよくなります。

タバコ
タバコには覚醒作用があります。持続効果が1時間ほどあるので寝つきが悪くなります。
寝つきだけでなく睡眠時無呼吸症候群になる場合があるので吸わない方が賢明です。

いつもと変わらないリズムを守る

就寝時間も平常と変わらないように気をつけましょう。
食事の時間も朝夕ともに時間を平常と変わらないようにすることも大切です。

朝食はどこにいても必ず摂ってください。
男女とも20代がピークで男性30%,、女性は25.4%の人が朝食を摂っていません。

朝食は脳に活動のエネルギー源である糖質を補給します。
朝食は午前中の仕事に集中する上で欠かせないエネルギー源です。

前頭葉が活動するのに欠かせないのです。
忙しいという理由で食べないのならバナナ一本でもいいので必ず食べるようにしてください。

寝てしまえば関係ないと思うかもしれませんが、ストレスはささいなことでも生じます。
ホテルがそうであるように、気持ちのいいベッドはお部屋のテイストを変えます。
ベッドは大きな家具だからです。
機能性はもちろんですが、置いてカッコのいいお洒落なベッドは気分を変えます。
素敵な気分で眠れることは、朝のメリハリにも影響します。

リズムを変えない工夫に気をつけると、快眠はどこでも手に入れることができます。

ローベッド【E-go】イーゴ【ポケットコイルマットレス(レギュラー)付き:フルレイアウト】 

デザインの良さで人気のローベッド【E-go】イーゴは、男性受けするベッドです。
重量感があり、がたつきのないベッドです。
独身男性からの支持は絶大ですが、ご家族でご利用の場合にも人気です。

シングルとセミダブルのご用意がある【E-go】イーゴ
セミダブル2台並べてお子さん2名と合計4人でご使用されている場合でも絶賛していただいています。
床に近いローベッドが2台並べても圧迫感がなくお洒落な印象を損ねないからのようです。
説明書もわかりやすいとご好評のようです。

フレームの上にマットレスを置くだけの仕様のローベッド【E-go】イーゴ。
生活スタイルや見た目の好みでマットレスのサイズを変更できます。
フレームより小さめのマットレスを使って、余った部分をサイドテーブルとして使っても。

ヘッド部、高さは調整可能。
ヘッドボードは2段階に調整可能です。
お部屋にレイアウトやマットレスの高さに合わせて、自由に変更してください。

リズムを変えない自分流がお洒落なベッドで毎日快眠スタイル。

 

まとめ

出張先はなにかと食事をはじめイレギュラーなことが多い物です。
同じ旅先でも観光ホテルとビジネスホテルでは、随分違います。

室温、湿度、日差し、すべてが違います。
自分ではさほど違いがないようでも、ストレスを受けています。
それだけにリズムは大事にしたいものです。

通常の家庭生活には「リビング」という言葉があり、生きることが主目的です。
ホテルは「寝室」というサービスを最大の目的にしています。
ホテルによっては枕が選べるところもありますので、利用できるなら利用するのもおすすめ。
出張先では、サービスの恩恵を受け取るように、なるべく早い就寝で、翌朝には散歩などで脳の活性化を楽しみましょう。

 


ベッドのことならこちらがおすすめです。

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。
ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。
このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。

 

 

 

睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。
いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

https://zeppinbook.com/mokuzi/

保存保存

  • B!

人気記事

1

95%のよく眠れないを快眠にするスリープアスリートになろう! …

2

ベッドは他の家具とは異質の家具 人は一生に少なくとも3台のベ …

3

質感の良いベッドでゆったりと眠り、広がる空間で目覚めたい。 …

4

姫、一大事です! メラトニンは大丈夫? メラトニンはたんぱく …

5

赤ちゃんはよく眠る スヤスヤ眠る赤ちゃんは、「よく眠るひと」 …

6

今回の熊本地震は、日本の中心を貫いている「中央構造線断層帯」 …