熱帯夜

いい寝!

寝る前後の2〜3時間のエアコンの使い方で熱帯夜も快適な眠りができる

これから夏を迎え寝苦しいときを迎えます。夜間の最低気温が25℃以上になる夜のことを「熱帯夜」と呼びます。寝苦しくて寝不足になり体調を崩したり、夜間に熱中症にかかってしまう危険があります。朝までぐっすり眠れる人と浅い眠りになる人の違いは、寝室の環境にあります。毎晩、熟睡している人は、寝室をリラックスできる環境に仕上げています。居心地のよい空間にこだわっています。温度・湿度・寝具・・・そのこだわりはこの事例に表れています。
タイトルとURLをコピーしました