zeppinbook

カルチャー

ないしょシネマ「あなたへ」

高倉健さんの遺作「あなたへ」は素敵な映画です。 無言の背中に、語らずして人生の悲哀を表現する、圧倒的な存在感で日本映画界を代表する高倉健。 「あなたへ」では、草彅剛さんがイカメシ屋の出張販売員の役で出演していますが、噛めば噛むほど味が出...
ライフデザイン

三つの自我の使い方で人生は変わる

あなたとあなたの人生は切り離せません。あなたの幸せは自分の人生に心底から納得できることです。人生の方程式は「精進ー妨害=結果」です。精進が大きく妨害が少なければ結果は最大化できます。 エンドレスにワンダフルな人生を...
アサーティブ

随処作主立処皆真|アサーション・アサーティブの歴史

アメリカで誕生した<アサーティブネス(Assertiveness)>もしくは<アサーション(Assertion)は、自他を尊重した自己表現、意見表明もしくは自己主張のことです。 禅語に「随処作主 立処皆真」と言う言葉があります...
アサーティブ

自由で豊かな『ライフシフト』を叶える『アサーティブ』4つの柱

アサーティブネスもしくはアサーション(Assertiveness、assertion)自己表現・意見表明は、自他を尊重した自己表現もしくは自己主張する意味の言葉で、相手を尊重しつつも対等な立場に立ち自分の意志や要求を表現する権利が誰にでもあ...
ライフデザイン

般若のゴエスでライフプランする

こんにちは。あなたの願いを叶えるいきいきゴエス協会のミノルさんです。 いきいきゴエス協会では、整理・整頓・清掃・清潔・習慣(躾)の頭文字5つのSを使って、暮らしをシンプルに整えて、あなたの願いを叶えます...
ライフデザイン

人生100年時代構想会議|人生100年時代の社会人基礎力3つの能力

人生100年時代の社会人基礎力は、「人生100年時代構想会議」の中核になるものです。人生100年は当たり前、いまでは現実が未来が追い越していく光景を眺める日々にいます、社会人基礎力というと新入社員の基礎力の勘違いしそうですが、そうではなく、...
200年婚

社会人基礎力|考え抜く力

 こんにちは、エンドレスにワンダフルなライフデザインをご提案して、あなたの願いを叶えるゲンキポリタンのミノルさんです。 エンドレスにワンダフルなライフデザインに欠かせない「人生100年時代の社会人基礎力」と...
ライフデザイン

エゴグラムで3つの自我を診断する

エゴグラムで3つの自我を診断して、ネガティブなライフスタイルを黄金のライフスタイルをパワーアップ。エゴグラムで自身の自我状態を見える化。自分の行動や発言を客観的に見ることができます
ライフデザイン

エンドレスにワンダフルな黄金のライフスタイル

あなたとあなたの人生は切り離せません。あなたの幸せは自分の人生に心底から納得できることです。人生の方程式は「精進ー妨害=結果」です。精進が大きく妨害が少なければ結果は最大化できます。 ヒトは自由...
ライフデザイン

マルチステージをライフシフトする5つの力|生きる力の磨きかた

人生100年時代、200年時代といっても、教育・仕事・引退の3つのステージの人生が当たり前でなくなった現代。2つ、3つのキャリアを持って、人生の選択肢を広げて、生涯を通して再創造を繰り返す。マルチステージを生きるライフシフトが当...
ライフデザイン

200年を生きる智慧|仏の愛『慈悲』と神の愛『慈愛』

 アメリカンポップスで、慈悲をテーマにするのは珍しいと思いますが、マーヴィン・ゲイの名盤『What’sGoingOn』に<Mercy Mercy Me (The Ecology)>というおなじみの名曲があります。<エコロジー>という副題がつ...
マトリックスワークブック

マトリックス ワークブック|マトリックスの達人

難解なマトリックスも「マトリックス レザレクションズ公開直前シリーズ」を読むと今日から達人です。あらずしと哲学編でマトリックマスターになれます。
マトリックスワークブック

マトリックス ワークブック|マトリックスの名言で解くマトリックス

『マトリックスワークブック』は映画『マトリックス』を解析し、名セリフから人生の秘密を解きます。ここでは、もっとも有名なモーフィアスのセリフ、「青い薬を飲むか、赤い薬を飲むか、選択を求めるシーンから解析します。
マトリックスワークブック

マトリックス ワークブック|レザレクションズの先のマトリックス

ハーバード大学の報告で示されたように、一日の半分以上をマトリックスで生きている方に、脱出方法をご提案します。 絶品、マトリックスの謎解きページシリーズ
マトリックスワークブック

マトリックス ワークブック|マトリックス レボリューションズ解析

映画『マトリックスレボリューションズ』は、『マトリックス』から続く、先進的な映像が売りの映画ですが、実は「選択」と「信じる」という普遍的、アナログ的なテーマが売りの映画です。 CGに命を与えたのは「選択」と「信じる」というワードでした。
タイトルとURLをコピーしました