ベッドと体と心の「心地良い暮らし」の快眠お役立ち情報

いい寝!快眠のゴエス

「い草マットレス」とマインドフルネスでキラーストレスを撃退

更新日:

ベッド特集〜いい寝!

い草マットレスなら集中快眠

マインドフルネスとは「”今ここ”にただ集中している心のあり方」のこと。
つまりお釈迦様が覚りと言われていることです。
い草マットレスを使ったベッドなら集中快眠できます。

い草

マインド・フルネスで集中できる

マインドフルネスは禅に似ていますが、宗教性を一切排除しています。

なぜ、いまここに集中するだけでストレスがなくなるのでしょう?

”今ここ”にただ集中することで、いまここにあるはずのない過去の体験が生みだしたストレスの連鎖を防ぐからです。

つまり妄想に悩まないということですね。

マインドワンダリングに対抗するマインドフルネスとは?

いまここにない恐怖、不安をいまここにあるかのように感じてしまうのが、マインド・ワンダリング(心の迷走)という現象です。

これに対抗するのがマインドフルネスです。
つまりマインドフルネスとは、”今ここ”にただ集中するということです。

いまここ

マインドフルネスはありのままの自分を受け入れる実践的訓練として注目されています。

マインドフルネスは物事を良い悪いで区別せずに、ありのままに感じることで心の豊かさに気づくことです。

マインドフルネスはサンスクリット語を英語にしたものですが、囚われを脱し自由な境地を得ることを意味します。科学的に根拠が実証され医学的にも取り入れられています。
ストレス、不安、イライラ、うつ症状や怒りに効果的で、単に精神上の認知にとどまらず身体的な反応にも働きかけることでキラーストレスに向き合います。

なんらかの価値判断をすること自体、「こうあるべき」という基準にとらわれてしましいます。

完全を求めない!マインドフルネスの真髄

たとえばクリスマスに恋人からのプレゼントがなかった場合、「もう愛してくれていないのか」「他に好きな人ができたのか」と疑います。これは「恋人ならプレゼントするはず」という基準にとらわれているからです。

おそらく、ほとんどの人は「それは判るけど、やっぱりするでしょう」と考えます。
「恋人としてどうなのよ」と思ってしまいます。
どんどんとらわれていくので、最後には善悪で白黒つけるようになり、「そんな人、さっさと別れなさい」となります。「プレゼントより恋人が大事」だった人もおかしくなります。不眠からキラーストレスになり心身がダメージを受けます。

こういう発想のもとでは、人間関係がスムーズにいかなくなります。

マインドフルネス

心地よく抱かれて眠る赤ん坊のようにすべてを受け入れる

しかしマインドフルネスでは、「これも味わいのひとつ」と考えます。
つまり感情のひとつひとつに良い悪いのレッテルを貼らないのです。
マインドフルネスでは、心地よく包まれるように抱かれて眠っている赤ん坊のようにすべてを受け入れるのです。

マインドフルネスを繰り返し、習慣化することでストレスは軽減されます。
うつ病の原因と考えられている海馬の減少が増加へと一転するのです。
また扁桃体も減少します。

つまり過敏なストレスへの対応をゆるやかにします。
さらに自分自身が変化していくことで他者をも受け入れることが可能になるので、側にいるだけで誰かの癒しになるようになります。

快眠にとって障害であるストレスが生じない暮らし方を奨励しているのが、マインドフルネスです。
スリープアスリート認定試験講座では、快眠が得られるようにマインドフルネスについて掘り下げて説明しています。

スリープアスリート認定試験講座

ストレスの連鎖で溢れるコルチゾール

ストレスの連鎖とはなんでしょう?
過去に体験したネガティブな出来事で感じたストレスが、共通するネガティブな出来事の発生を予測するだけで、恐怖や不安を先回りして感じてストレスを再生産してしまうのです。
ストレスで傷ついたトラウマ(キラーストレス)によってコルチゾールが過剰に分泌されます。

コルチゾールは、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種で、ヒドロコルチゾン (hydrocortisone) とも呼ばれています。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御する必須のホルモンです。

キラーストレス

ストレスを感じたとき、人はどう感じているのでしょう。
扁桃体が活動をはじめ、脳から身体に指令が出されて副腎からストレスホルモンが分布され、心拍数をあげストレス反応を身体におこします。
この反応は本来、自分を守るために身につけた驚異的な活動です。

しかしストレスが積み重なると心拍数があがり血圧があがります。
血管の破裂が起こると脳出血が起こり、さらには心不全や癌など命に関わる病が起こります。
このレベルは太古の昔にはなかった人間の限界を超えた反応です。

ライフスキルセミナーでは、長い間「ストレス対処スキル」として、このような事態にならないようにマインドフルネスを使えるスキルが身につけられる方法をご提案してきました。

マインドフルネスは禅の影響を強く受けてアメリカで誕生しました。
外見で判断すると瞑想と誤解されやすい傾向がありますが、瞑想ではありません。

脳をコルチゾールから守るメカニズムが通用しない暮らし方

コルチゾールは一定の量を超えて増え続けると脳にダメージを与えます。
海馬は記憶、感情に関わる部位で、脳に溢れたコルチゾールが海馬の神経細胞が減少します。

ストレスを受けた時ストレスホルモンが分泌され、心拍数があがるのは体が動きやすくするためのもので、ストレスが立ち去ると心拍数は下がる仕組みになっています。

しかし時代は太古の昔と違い、頻繁にストレスを感じるようになっているので、ストレスホルモンは過剰に分泌されてしまうのです。

無意識、潜在意識が先回りしてストレスを生む

たとえば、口うるさい上司が目の前からいなくなれば、ストレスを感じなくなるのが健康な状態ですが、いなくなっても、潜在意識のレベルで過去のことを思い出したり、未来を予測してストレス反応を起こします。

こうなるとストレスがないはずなのに、絶えずいまそこにある危機を認識してダメージを受けてしまうのです。

これをマインドワンダリング(心の迷走)といいます。
上司と一緒にいるときだけストレスを感じるのではなく、生活の大半の時間がマインドワンダリングに占有されてしまうのです。

目の前のこと以外を考えている人は50%に昇ります。
隙間なく攻撃を受ける脳。

しかし「ストレス対処スキル」を発揮できる人はなにが違うのでしょう。
ストレスを受けても脳が反応しません。その原因がNPYという要因です。
遺伝が関係していますが、それ以外に影響しているのが「生育環境」です。

心の元気

生育環境の違いでストレス耐性に違い

子どものころ、精神的なダメージを受けていない人はストレスに強いのです。

逆にダメージを受けやすいのは、扁桃体の違いです。
幼少期のストレス体験が扁桃体が大きくなる傾向があり、長期にわたりマインドワンダリングに占有されるので、そうでない人と比べて扁桃体が大きくなるのです。

対策としては、子ども時分の自分を解放してあげることです。

思い出すことさえ辛いことをEMDR療法です。
EMDRは頭の中に強く入り込むのでストレスによるトラウマを軽減して、コルチゾールの分泌を少なくするので、短期間で効果があがります。

コルチゾールは目覚めとたときが一番多く、眠るときには少なくなるのが、健康な人の状態です。
コルチゾールの「日内変動 Circadian Rhythm」と言われる現象です。

日内変動のリズムに反して、コルチゾールが過剰に分泌されたり、逆に分泌されなかったりすると、体調が大きく変動し、不調を余儀なくされます。

ストレスが強いとコルチゾールの値は大きな変動が生じなくなります。
ライフスキルプログラムではコーピングという手法も活用し、コルチゾールの値は健康な人と同じ変化を示します。

コーピングとは、ストレスを減らす方法を自分でリストアップして、気分と行動のマッチングでストレスをマネジメントする方法です。前頭葉を活性化して扁桃体の活動にブレーキをかけ小さくします。ストレス対策の極意です。
さらに運動で緊張をほぐし身体面からもリラックスでストレスを減らします。

似たような方法に「心療回想法」があります。

心療回想法

高齢期特有の抑うつ状態の緩和するために、思春期になる頃までの記憶を回想することで楽しい気持ちを高めて認知症予防にするものです。どんな記憶でしょう?

子ども時代のことなので、10歳頃を中心にした楽しい記憶です。
楽しい記憶が認知症予防の効果があります。

コルチゾールとメラトニンの関係

脳と海馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐怖や不安を先回りして感じるとストレスを再生産してしまいます。
ストレスで傷ついたトラウマによってコルチゾールが過剰に分泌されます。
コルチゾールは目覚めとたときが一番多く、眠るときには少なくなるのが、健康な人の状態です。
コルチゾールの「日内変動 Circadian Rhythm」と言われる現象です。

コルチゾールと睡眠のホルモン「メラトニン」の関係はどうなっているのでしょう?

太陽のコルチゾール、月のメラトニン

メラトニン

日中私たちが活動していくのに大切な太陽のホルモン「コルチゾール」と、夜、睡眠に欠かせない月のホルモン「メラトニン」。

実は、日中のコルチゾールを正常に分泌するのに、夜に「月のホルモン」メラトニンをしっかり分泌してあげることがとても重要なのです。

メラトニンをしっかり分泌して夜、快眠できることが、夜間のコルチゾール分泌を低くし、副腎をゆっくり休めてあげることにつながります。

最近は、このメラトニンが正しく分泌されず、1日働いた副腎を休めることのできない人が増えています。

メラトニンは、光で分解されます。
夕方、特に夜9時以降は、自然な環境にいれば月と星の明かりだけで真っ暗な状態が普通です。

しかし、私たちが生活する環境は自然とはかけ離れています。
夜になっても、煌々と輝く光で眩しく、さらにLED、テレビ、スマホの強い光が身体に届き、メラトニンを分解します。

傷ついた脳をいたわり回復させるストレス対処スキル、マインドフルネスに加わりませんか?

脳は最高のワンダーランド。

快適ない草ベッド

セキスイの畳ベッドに使っている「い草」はベッドは、ダニ・カビに強く、水・汚れにも強いので、いつもきれいに使いやすい素材です。

和のテイストは禅を思わせるに十分です。
しかも跳ね上げ式の大容量収納ボックス型なので、部屋の整理収納にもうってつけ。
脳を刺激する意外性にあふれたベッドなのです。

い草ベッド

まとめ

和独特の緊張感と癒しの裏表が心と体の裏表にグサッと刺さるような、とんがり具合が素敵な素朴なワイルド感。

使えば使うほど、痛みも出てきますが、粗っぽさが馴染んでもきます。そのバランスが郷愁を誘い心を包みます。
太陽のコルチゾール、月のメラトニンのバランスが快適な睡眠を誘います。

睡眠は脳からゴミ出しをしてくれる大事な作業。その作業は睡眠以外にはありません。
心の迷走にストップをかけてくれます。

いい眠りは仕組み、システムです。ひとつの何ではなく、複雑なメカニズムで動いている単純な作業。
それがマインドフルネスであり睡眠です。

くまさん案内ボード

くつろぎの和のモダン空間

ベッド習慣

ベッドのことならこちらがおすすめです。

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。
ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。
このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫があります。
ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。

ベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」の詳細はこちら

スリープアスリート認定試験講座睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。
運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。

いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

人気記事

人生80年 1

95%のよく眠れないを快眠にするスリープアスリートになろう! ...

スリープアスリート 2

目次ベッドは他の家具とは異質の家具モノには物語があります物語 ...

フロアベッド 3

質感の良いベッドでゆったりと眠り、広がる空間で目覚めたい。 ...

4

目次姫、一大事です! メラトニンは大丈夫?一生の美と健康を守 ...

ママと一緒に眠りたい 5

目次赤ちゃんはよく眠る小児期の睡眠が専門家に注目されている「 ...

6

今回の熊本地震は、日本の中心を貫いている「中央構造線断層帯」 ...

-い草, セミダブルベッド, マインドフルネス, 健康, 収納ベッド, 快眠メソッド, 生活, , 睡眠, , 跳ね上げ式大収納ベッド
-, , , , ,

Copyright© いい寝!快眠のゴエス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.