人生100年時代のニューノーマルな嫉妬を幸せにする5つの条件

くらしデザイン

「君しかいない」と言われると嬉しいものですが、度が過ぎるとストレスに転じてしまい、次第に関係もギクシャクします。

人生を共にしても良いと考えている、独占欲の強い彼氏とうまく付き合っていくには、独占したい気持ちの原因を理解しておくことが必要になります。

さらに独占欲の背景にある心理は人生そのものを変えてしまう危ない側面も潜んでいるので、しっかり考えることが重要です。

人生100年時代のニューノーマルな男性の嫉妬とは、どんな嫉妬で、どこから生まれて、誰に嫉妬するのでしょう?
好きで好きでたまらないとは、どういう気持ちなのでしょう?
ニューノーマルな嫉妬があなたの調教次第で、どこまで素敵なるのか楽しみです。

独占欲の強い男性心理について、考えてみましょう。

好きで好きでたまらない

恋の相談

彼女のことが好きで好きでたまらないという心理状態が、独占欲を強くする要因となります。

あなたも同じ想いなら、それはセックス以上の快感にもなるでしょう。

無邪気とも言える状態がキープされているだけなら、心配することはありません。
気をつけたいのは背景にある心理。背景にある心理とは、潜在意識なので、本人自身解りにくいもの。
むしろ愛される彼女の方が解りやすい。
でも同じように浮かれてしまうと共依存であっても解らないということになります。人生を共にしたいと思うなら、好きで好きでたまらない気持ちが報われるように、どうすれば二人が幸せな暮らしを実践できるか、しっかり考えたいもの。

彼にとって、あなたは何者か?

あなたは何者か

どのような依存症にも共通しているのは、自分に自信がなくて逃げ場になっていること。

この場合、相手を愛しているというのは自分の錯覚なので、人生を共にする場合は注意です。結局は自分の人生を忘れたいだけなので、結婚すると彼女は生活そのものになり、やがて依存する対象を別に求めるので、関係は破綻します。

好きで好きでたまらないと言われる、あなたは何者か?
あなたはあなたです。
ものではありません。

「彼女は俺のもの」と思いたい人は、そう思えることで自信を深めますが、思えないあやふやがあると嫉妬に変わります。

嫉妬深い男性とは、自分に自信が持てない人です。

彼がどうであれ、あなたはふたりのライフステージで、一貫してあなたであることが重要なのです。

ふたりのライフステージで、あなたがあなたであるために

ライフステージ

人の一生は、誰でもライフステージを変遷します。
人を愛するとは、ライフステージを共有することです。
たとえ別れることになるにしても、いい恋愛は相手を応援することに他なりません。

好きで好きでたまらない場合、応援が慈愛(=共感)に満ちていることを意味します。

つまりあなたというより、あなたの生きる様すべてを愛するといっていいでしょう。

でも依存している彼氏は、彼女の成熟を恐れます。
自分が捨てられないかと恐れるからです。

彼女が他の人になびいてしまわないか心配になると、独占したい気持ちが高まりやすくなります。彼女から「あなたが一番好き」と言われたとしても、責任がともなうので内心では不安が高まるだけです。

不安の根拠は、自分が人生から見捨てられることです。
彼女のリードで、この不安を勇気にチェンジすることができます。
調教次第なのです。但しDVはごめんですね。

ライフデザインを共有できるか

ライフデザインを共有できるか

結局は、彼女とライフデザインを共有できるか?がポイントになります。

人生100年時代のニューノーマルな嫉妬を幸せにする5つの条件とは、

  • 優先順位
  • 価値感
  • 時間
  • 健康
  • お金

以上、5つからなるライフデザインです。

お金は上位4つを凝縮したもので、具体的なものとして日常を彩ります。
ライフプラン(生き方=ライフイベント)としてライフデザイン(あり方)を具現化します。

つまり、こうありたいという想いを具体的な形にするのは「ライフプラン」です。
ライフプランは最終的にファイナンシャルプランになって目の前の取り組む課題になります。ライフプランには出産や子育て、教育や旅行など様々なイベントが組み込まれて、お金の準備に発展します。

愛し合っているなら、嫉妬している暇はない

おとな女子の禅とディズニープリンネス

自信がない男性であっても、また彼女もそうであっても、ライフデザインで共感できて、ライフプランを共有し、その達成に頑張れるかどうかで、ふたり自身が決まります。

好きで好きでたまらないのであれば、彼女の愛がこれ以上ない応援になります。
とっても素敵なことですね。

愛し合っているなら、「ライフプラン」の達成に忙しいので、嫉妬している暇はありません。そのプロセスに、これ以上ないロマンチックな体験がてんこ盛りなのです。

この先に注目

ライフプランへの関わりが愛のバロメーター

ライフプラン

ライフプランはライフステージの変遷に伴って生じるライフイベントへの備え、あり方です。

シングルマザーもピンキリです。
女性が主体的に望んだ場合は別にして、ライフプランもなく行き当たりばったりでシングルマザーになったら人生は大変なものに変わります。

その場、その場の苦しみから逃げるツールとして、嫉妬が使われるなら、ありがた迷惑になるのは必至です。

独占欲の正体

「俺のオンナ」というように、男性は、女性が完全に自分のものだと感じていると安心します。「独占欲」が揺らぐようなことが起こると不安になり、嫉妬するようになります。

「独占欲」は「自己否定感」「自己肯定感」と結びついているので、「自己肯定感」が脆いほど執拗に女性の行動を制限したり、他の男性との接触を嫌がります。

男の嫉妬は女性が絡んでいなくても起こり、時に男性の方が嫉妬深く見えるのは、「自己肯定感」の低さのせいで、場合によっては陰湿な仕掛けをすることもあります。

自分を肯定できていない男性は他者から認められることにこだわります。
自信のある人は無頓着です。

 

二人の先、人生の先が見える。

あなたが男性とどういう関係を作りたいのか?
それによって二人の関係の先が見通せます。

持たない人生がニューノーマルの時代に

持たない人生がニューノーマルの時代

自己啓発セミナーに通っていた男性はその講師から認められたことに有頂天になり、セミナーで教わったことを強要し、興味を示さないと「おまえはバカだ」の論調でアグレッシブルに彼女を責め立てます。

彼には内容より、「自分はこんな立派な人に認められた」ということが大事なのです。

これが社会通念に縛られた「外的な評価」の結果です。外的な評価とは立場、役職、財産、経歴、専門知識などで自己肯定感と直結しています。

男の関心は「外的な評価」に突出しています。
嫉妬は「外的な評価」の揺らぎで起こりますが、「外的な評価」は地域&期間限定的です。定年退職すれば大企業のトップもただのおっさんになりますが、それが当人には許せません。そこで見栄えが重要になります。
外的な評価の対象になるものは「持てる」ものです。

では「内的な評価」とはなんでしょう?
見えないものです。
見えないので持てませんが、なることができるものです。
なるの果て(なれの果て)には自分の在り方があります。

「嫉妬しないことで、どんな場合にも彼女が信頼できる男でありたい」というように自分を発展させることができます。

二つの違いは大きく違います。

あなたと共に人生を歩める人の特長

外的な評価を優先する人は、うまくいかないのは環境のせい、楽しくないのは彼女のせい、というように、物事は「自分の外」にあると考えがちです。

それは自分が外の世界に支配されることを容認することに他なりません。
自分が変わる以前に状況が改善されない限り、問題は解決しないという考え方です。

内的な評価を大事にする人は、状況より自分にできることを考えます。
物事の主体はすべて自分にあります。
自分を変えることで状況を変えようという考え方ができます。

ポジティブとはこのことを言っています。プラス志向も同じです。
プラスとはいいように考えることではなく、自分に足すことです。
もっと頑張れる。もっと創造的になれる。というように、自分の責任で足すことができる人です。
自分が責任を引き受けているので他者の評価は気になりません。

ライフデザインがありライフプランがある

人生を共に歩める人にはライフデザインがありライフプランがある

人生を共に歩める男性は、彼女の心が離れそうになっても、もっと彼女を大事にして心を取り戻そうと思い行動できる人です。

だから気にはするけど、嫉妬しないのです。
彼女が離れたら、他の女性に目を向けることができます。
彼女を愛していないわけではなく、彼女の評価がすべてではないのです。
人は人、自分は自分と思えるからです。
そこにはライフデザインがありライフプランがあります。

マインドフルネスなファイナンシャルプランニング

まとめ

人生100年時代のニューノーマルな嫉妬とは、あなたのライフデザイン、ライフプランを応援し、共有したいと想う心から生じます。

そのことをあなたが解っていることがポイントになります。

ライフデザインもライフプランもなく、ただ自分を良い気持ちにさせるだけの彼女に成り下がるかどうかはあなた自身なのです。



この先に注目

スリープアスリート認定試験講座

睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。
いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

マインドフルネス実践講座

 

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました