単騎、千里を走る。

ないしょシネマ ないしょシネマ

映画「単騎、千里を走る。」

名優 高倉健と中国の巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督。
夢のタッグで実現したハートフルな作品。

どんな事情があったのか分からないが疎遠になった父と息子(中井貴一:声だけの出演)
末期ガンであることを本人に知らせず、関係修復を願って父に知らせた妻(寺島しのぶ)
三人の関係は、それしか分からない。
男は中国(雲南省、麗江市)に行くことを誰にも伝えず旅立つ。

チャン・イーモウ監督は、それ以外のことには一切触れない。

中国勢のキャストは現地の人。(=全員素人。仮面劇の役者は実際の仮面劇の役者)
これもチャン・イーモウ監督のポリシーだ。

ツアー会社のガイド 兼通訳が前例のない要望に応えられないという。
見かねた運転手がガイドを買って出る。

まるで「単騎、千里を走る。」じゃないか。
たったひとりで、ここまで来た。まるで関羽と同じだ。
その義理が大切なんだ。男はそうじゃないと。

共感してガイドを買って出たが、通訳ができない。辞書を片手に奮闘する運転手。
寡黙な男と日本語が分からないガイドのコンビは、つまりコミュニケーション能力が極めて低い二人が懸命の努力とアイデアで困難を突破していく。
その姿が、共感に繋がって周囲の人を巻き込んでいく。

期せずして、お釈迦様の真理「四法印」を感じる映画です。

  1. 諸行無常・・・・すべての物事は移り変わり、変わらぬものなどない。
  2. 諸法無我・・・・すべての物事は関係の中で存在し、独立したものはない。
  3. 一切皆苦・・・・この世はすべてジェットコースターのようにびっくりの連続である。
  4. 涅槃寂静・・・・悟りを得ることで、安らかな境地に達することができる

愛する者を持った「男の映画」です。

人はみんな孤独な生き物

人はみんな孤独な生き物です。

だから子供が生まれると近親相関を避けるために、男はひとりで家族から離れて、旅に出る。
いいえ、熊の話なんですが、律儀な生き方に自分は感心するのです。

立山連峰に住む「雷鳥」
夏は茶色のボディですが、冬になると雪に合わせて全身が白に変わります。
人間にはできない能力に感服します。

そう、みんな孤独なんです。
だから愛する者がいます。
でも「愛する」という言葉は同じでも、その本体は様々で人の数だけ、いいえ、生き物の数だけあります。

「単騎、千里を走る」は、愛する者を持った男の映画です。
男が愛を貫くとは、こういうことなんだと教えてくれる映画です。

チャン・イーモウ監督✖️健さん

北京オリンピックの開幕の演出。「HERO」「LOVERS」では、鮮やかな色彩で歴史ロマンを描いた張芸謀(チャン・イーモウ)監督。

しかし、チャン・イーモウ監督の本質は、そんな華やかさとは遠い「あの子を探して』(99年)、『初恋のきた道』(00年)、『至福のとき』(02年)のいわゆる「しあわせ三部作」、さらに「活きる 」といった傑作群にあります。

この「単騎、千里を走る」はその延長にある作品です。

チャン・イーモウ監督のアイドルは「高倉健」
高倉健も「あの子探して」「初恋のきた道」が大好きでチャン・イーモウ監督と仕事がしたいと思っていた。

脚本のやりとりが何年も続き、ついに健さんが了承して製作されたのが、「単騎、千里を走る」でした。

「三国志演義」『千里走単騎』

三国志

三国志演義」は「西遊記」「金瓶梅」「水滸伝」と共に中国四大奇書と呼ばれている人気小説。
「三国志」とは別物で、「三国志演義」は「三国志」をもとに明の羅貫中によって書き直された歴史小説です。

三国志演義」の中にある『千里走単騎』をもとにした京劇の演苜があり、「単騎、千里を走る」はこの演目をカメラに収めるために「単騎(健さん)、千里を走る」という物語です。

演目の内容は、人気の高い登場人物の一人、関羽(かんう)の物語。
曹操の手に落ちた劉備の義弟関羽(かんう)が劉備が生きていることを知り、曹操の再三の「引き止め」にもかかわらず、一日に千里を走る名馬「赤兎馬(せきとば)」に乗って劉備の妻子を伴い、次々を敵陣を突破して、劉備のもとへ帰っていく感動の物語。

「単騎、千里を走る」は、健さんの最高傑作

単騎、千里を走る

「単騎、千里を走る」は、健さんの最高傑作と言っていい。というか、言わなければいけない気にさせる作品です。

なぜならとっても静かな映画で誰にでも受ける映画ではないからです。
作劇手法は凝っているが「お客を感激させたい」計算すら見えない。
物語ではなく高倉健で感激させる映画のようですが、テーマは「誠実な魂、千里を走る」です。

健さんが亡くなったときに、一番ピックアップされたのは、「幸福の黄色いハンカチ」でした。
それだって傑作ですが、健さんは進化を続けた。
そしてたどり着いたのが、全編「高倉健の魂」が染み渡った本作「単騎、千里を走る」です。

冒頭、男鹿半島、禅僧のような健さんが日本海を見つめている。

気持ちがざわつき。やがて自分はどうしたいのかを見つけるまで・・・自分を見つめている。

マインドフルネスな映画

マインドフルネスという言葉がぴったりです。

マインドフルネスとは、注意深く、いまここにあるがままに存在する自分に気づくこと。

 

映画は、男鹿半島の海から、ひとり静かな命がけ、諸行無常の旅がはじまります。

意図したかどうかはわからないが、「単騎、千里を走る」というタイトルでわかるように、これは遺作「あなたへ」のプロローグであり、任侠映画へのオマージュにもなっています。

「健さんが決心する瞬間」を見るために映画館に行った

健さん

我慢の果てに意を決して単身切り込む数々の「任侠映画」ファンは「健さんが決心する瞬間」を見るために、繰り返し映画館に通い「待ってました!」と叫んだ。

観客は、美しいまでの決意の瞬間に、涙して、励まされ、声援を送ったのです。

そして観客は「健さん」が自分の中に降臨したように感じて映画館から出て行き、また映画館に戻ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自利利他

その誠意が中国の奥まで走る。決意を引っさげた健さんに全員素人の中国人キャスト、スタッフが引きずられて、「自利利他」が広がっていくプロセスが素敵。背筋がシャキッとする映画です。

 

「愛する者になにをしてやれるか。」と問いかけに、日本海は「愛する者にどう在るべきか」という回答をしたようである。

その回答を決意に変えて、決意を手にした突然現れた「孤独な異邦人の無茶な願い」に困惑しながらも答える術を探す人々、村中の人が集り食事会で歓待すれば、刑務所でも、管理官・服役囚らが、ひとつになって、コミュニケーションがままならない健さんを歓待する。

寡黙な上に言葉が話せない日本人と、思うことを話せる中国の人々。

コミュニケーションとは「人が人を想うこと」だと静かに伝えて、映画は終わります。

まとめ

「諸行無常」「自他利他」なんて考えて製作していたとは思いません。

「単騎、千里を走る」は、愛する者を持った男の映画です。
男が愛を貫くとは、こういうことなんだと教えてくれる映画です。

貫くと、諸行無常、諸法無我、一切皆苦、涅槃寂静・・・お釈迦様の四法印にたどり着きました。
つまり生き抜いたということになります。

いつかは目標に通じる歩みを
一歩一歩と運んでいくのでは足りない。
その一歩一歩が目標なのだし、
一歩そのものが価値あるものでなければならい。ゲーテ
タイトルとURLをコピーしました