白隠禅師が赤ちゃんを救った3つのステップと3つの自信

育てる こころデザイン

白隠禅師
1686年1月19日(貞享2年12月25日) – 1769年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧。諡は神機独妙禅師、正宗国師。

白隠禅師

白隠禅師は、突然、怒り狂ってやってきた娘の父親から「これはお前の子だ」と身に覚えのない赤ん坊を預けられました。白隠禅師は「おおー、そうか」と受け取り、その子を懸命に育てます。

目の前に生じることに 何の自分の主張もせず、不満や愚痴も無く自分が理不尽な状態に陥ったとしても また誤解が解けても 淡々と「おおー、そうか」と言うだけでした。
気になるのは白隠禅師の感情の痛みです。白隠禅師はどうつきあったのか。
また私たちが白隠禅師のように魔法のような対処をするには、どういう精神構造で臨めばいいのでしょう。

「白隠禅師が赤ちゃんを救った3つのステップと3つの自信」について分析します。

白隠禅師と赤ちゃん
白隠禅師 白隠慧鶴(はくいん えかく) 臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧がいらっしゃいました。 臨済宗妙心寺派法輪寺は通称「ダルマ寺」の名で親しまれている。 達磨(ダルマ)は縁起物として日本人には馴染み深いですが、...

無限の蟻地獄に堕ちなかった「白隠禅師3つのステップ」

たすけて、白隠禅師

感情の痛みには、人に対処するのではなくプロセスに対処します。

  1. 注意
  2. 情動
  3. 認識

3つのステップごとに見ていきます。

Step1.注意

まず、何が起こったのか、注意を総動員して、心を落ち着かせます。
マインドフルネス(対象を定めてなりきる)を全力で作動させます。この場合、対象を呼吸と定めて呼吸に注意を集め、苦しみをあおってくる思考(=マインドトーク)から離れます。

呼吸に注意を向けると心は嘘のように落ち着きます。吹いていた強い風が止まったように静まるのでマインドトークを遮断します。静かになるので、過去や未来を遠ざけて、いまここに集中できます。

ストレスを受けている最中にあっても、こうした反応を得るには日頃から慣れておき、筋肉や神経の動きと同じように、本能的に作動することが大切です。

問題解決にあたっては、落ち着いたなかで「さて、どうするか」の気構えを作ります。
心身ともに父親、娘の縁起を察し、自分は無防備なまま苦しみを受け入れて、その上で、自分になにができるかを考えることです。

そのために大事なのは、この段階では、誰の感情にも触れていないことです。相手の痛みに注目して自分に転移させると相手の気分は良くなっても自分は気分が悪くなってしまいます。

ところがほとんどの場合、転移ゲームをやってしまいます。
相手を受け入れるときに、感情まで抱え込んでしまうのです。すると相手の痛みを、自分が受け取っただけで、痛みが移動しただけで軽減していないからです。
これでは無限の蟻地獄に堕ちてしまいます。

CRAZY KEN BAND た・す・け・て!

Step2.情動

「情動」とは、心理学用語で、怒り、恐れ、喜び、悲しみなど、比較的急速に引き起こされた一時的で急激な感情の動きのことです。

ほとんどの場合、ステップ1の注意だけでは対処できません。情動への対処は感情の痛みを感じている最中にも、心の初期設定は平穏と喜びであることを思い出して、マインドフルネス、対象になりきります。呼吸で落ち着いたら、対象を相手に切り替えます。この場合、娘と両親の宇宙になります。

宇宙になりきるとは、人には縁起が絡みついているので、個人の枠を超えて、本人も気づかない要因が絡んでいると理解することです。もちろん、どのような環境にあるのか、咄嗟に判断することは不可能なので、言動によって決めつけないことです。同じことは自分にも言えます。その時々の自分は数分前の自分と違う自分です。自分も縁起で刻々変化しています。

みなさんも経験があると思いますが、何をやっても感情が落ち着かない、ますますイライラするばかりという日があると思います。こんな時は海が大時化で眺めているしかない時があるのと同じです。

たとえば娘の両親の怒りはなんでしょう。
相手は自分の苦しみを取り除いてほしいだけでなく、ともに苦しみを分かち合ってほしいのです。
自分自身が痛みに苦しみ、苦しみから抜け出すことをしないと、抜け出す方法を教えることができません。

なので痛みから逃げようとしないで、自ら進んで感情の痛みを体験するようにします。
感情の痛みの正体は嫌悪感です。嫌悪感だと認識するだけで感情の痛みは和らぎます。
嫌悪感は実体のあるものではなく、不快な感覚にすぎないと理解して自分に癒しを向けると和らぐのです。嫌悪感への最強の対抗手段はたっぷりと満ち足りたあふれんばかりの愛情です。
クレーム処理を思い浮かべてください。嫌悪感を鎮めるのは相手の役目だと考えますが、もっとも簡単なのは自分からの愛情を受け取ることです。愛情の裏付けになっているのは自信です。

第二の対抗手段は、自分の思考に対する観察と冷静な判断です。
暴風に晒されているいまこの思考は自分の思考でないとする判断です。嵐の空にかかっている黒雲が本来の空でないように、いまの思考は自分の心ではないという判断です。

Step3.認識

感情の痛みをもたらした状況を考え直すことで感情の痛みに対処するのが「認識」です。

最大限の客観性をもって物事を見直して再解釈します。
しかし、どんなに頑張っても不完全な情報になります。
集めた情報が不完全なうえに、人が一度に処理できる情報量に限界があるからです。
さらに始末に悪いのは、欠けている情報を想像で補ってしまうのです。
結局、ネガティブな認識よりも、ネガティブな認識の方が正しいだろうと無難な方を選択してしまうのです。するとオセロゲームのように次々と白から黒に変わってしまいます。

つまり、想像よりずっと多く、いたるところで口を開けて待っているカバのように、間違った認識が待ち構えているのです。ある人の言動で、自分が感情を害したら「悪意を持っている」とネガティブな認識をしてしまうのです。結果、相手は自分が感情を害したことを知るとショックから近づかなくなってしまうのです。

このようなことがパターン化してしまうと、癖のように繰り返すようになります。

禅語「放下著(ほうげじゃく)」

白隠禅師と赤ちゃん

白隠禅師は、人、動物は同じ波動を持っていないと理解し合えない仕組みだと解っていたのです。
自分と違った考えや対極にある価値観を持つ人の意図や心を認め、他者を理解する気持ち、見えないものをみようとする態度がないと、成り立たない仕組みを受け入れていたのではないでしょうか。

禅語に「放下著(ほうげじゃく)」という言葉があります。放下とは手放すこと。著は命令の意味。つまり「放下著(ほうげじゃく)」とは手放してしまえっという意味です。では、何を手放すのでしょう。人は自分の考え、価値観を背負って悩みながら生きています。自分だけに都合の良いエゴを投げ捨ててしまえば仲良く楽しく暮らせます。

白隠禅師は、無色の子どもの心に戻って、健やかな知恵を頼るに、降って湧いた災難を災難とも思わず、いまここを生きたのでしょう。

「白隠禅師と赤ちゃん」の事件が解決に向かったのは、娘の正直な告白からです。
娘の苦しみを白隠禅師が引き受けて、本来なら娘がするべきことを身代わりになって、やり遂げてくれたからです。だからと言っていつもうまくいくとは限らないので、期待してはいけません。それも放下著」の心でしょう。

呼吸から生まれる三つの自信

白隠禅師とダルマ

個性に富んだ多くの生物がつながりあって生きていることを「生物多様性」といいます。
生物の二文字を人間に変えると最近なにかと騒がしい「(人間の)多様性」です。

多様性を違う見方をすればバラバラということ、「生物多様性」とは、つながっていることが大切なのです。

ところがなかには心無い生物がいます。心無い生物にもそれぞれの宇宙があり、見えないつながりで生きています。自分の価値観で生きている違う生物には「多様性」を認識することが簡単ではありません。

「多様性」は人権と深くかかわっていて、人権を尊重されないことからそこにストレスが生じる素地があります。

自分を信じることができる生物は他者に依存しなくても生きていけるので、多様性を受け入れることができます。その代表格が白隠禅師のような人です。自信は三つの健全な源から生まれます。

    1. 知ることから生まれる自信
    2. 平静さから生まれる自信
    3. 立ち直ることから生まれる自信
奇跡の神対応!白隠禅師3つの自信
白隠禅師は、身に覚えのない「赤ちゃん」を突きつけられても、目の前で生じることに 何の自分の主張もせず、不満や愚痴も無く自分が理不尽な状態に陥ちいっても 、また誤解が解けても 他人事のように「おおー、そうか」と淡々と対処しました。トラブルを乗り越える3つのステップと揺るぎのない3つの自信を分析します。

まとめ

白隠禅師

脳には、膨大な情報を処理する力があります。
そこで現実認知能力を過信してしまいます。
交通事故、スマホ事故には認知能力をはるかにオーバーした様子が読み取れます。

一方、白隠禅師の素晴らしさは、日常の訓練によって的を得た必要な情報処理をムダ・ムリ・ムラのない集中できる範囲でやってのけている点にあります。


人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座ファイナンシャルプランニングLINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
LINE 友だち追加

マインドフルネス実践講座

マインドフルネスなライフプランニング

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト
タイトルとURLをコピーしました