前後際断〜ラプンツェルは髪を切って、いまこの瞬間の愛に生きる

おとな女子の禅とディズニープリンネス おとな女子の禅とディズニー

禅語「前後際断」(ぜんごさいだん)

過去にも未来にもとらわれない。瞬間、瞬間に集中して、いまこの瞬間を生ききる。

曹洞宗の道元禅師もこの言葉を説いておられます。

鎌倉時代、戦いに明け暮れていた時代、明日はどうなるかも分からない、命は明日で終わるかも知れない。

だから生きているいまを大事にしょうと覚悟したのです。

禅語「前後際断」

禅語「前後際断」

人生には理不尽なことがいっぱい起こります。

江戸時代の沢庵和尚(臨済宗)もこの言葉を説かれたと言います。

前際(過去)と後際(未来)は断ち切れている。

人生は一本の線のように思われていますが、点と点でつながっているだけです。
この考えは、スティーブ・ジョブズ氏の物の見方に通じるのは、彼も禅に学んだからでしょう。

「前後際断」の心は、ディズニープリンセスにもありました。

ラプンツェルです。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

ラプンツェルの髪には特別な力が秘められていました。

長い髪をロープや鞭のように自由自在に操って冒険の旅に出ます。

そして最後に髪を切り落とされて魔法の力を失います。それは愛の代償。

長い間、大事にしてきた髪を切ることで告白に代える女性も、過去にも未来にもとらわれず、いまこの瞬間に生ききる。
愛が実らなくてもすでに実っているのです。それは禅の心そのもの。

ラプンツェルはいまこの瞬間に人生最大の魔法を使ったのです。

【早期購入特典あり】塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド](「アナと雪の女王」オリジナル ギフトバッグ付) [Blu-ray]

人生最大の魔法とは

塔の上のラプンツェル

ディズニープリンセス、ラプンツェルの物語はハッピーエンドのまま続きます。

ラプンツェルあたらしい冒険は、もうご覧になりましたか?

新作が登場したので、

では、私たちもハッピーエンドのまま続いていけるのでしょうか?

その秘訣が魔法の髪に語られていたのです。

髪を切り落とされて魔法の力を失います、それを愛の代償だと言いました。

どういうこと、なぜ代償なの?

もう魔法は使わない、使えないからです。

私たちは自分との距離を微妙に保ちながら、自分が傷つかないようにしています。

もしもっと近づくと、自分を知ることで、言い訳も通用しなくなり、傷つく可能性があります。

これが魔法の髪です。

塔の上のラプンツェル

さらに愛する人との距離はどうでしょう?

本当はもっと近づきたいのに、近づかない。
近づくと、自分がもっと見られてしまう。

自分との距離をとることで精一杯なのに、あの人ともっと近ずくと、壊れてしまいそうな気がする。

そんなときに魔法の髪は便利なのです。

ラプンツェルはディズニーが50周年記念に、これまでのプリンセスの心をまとめて投げ込んだプリンセスです。

自分に近づき、愛する人に、近ずく、傷つくかもしれないけれど、もう防衛なんかしない。

だからといって無防備にはならない。

等身大の自分で自分を守りながら、愛を貫くプリンセスを受け入れたのです。

それが髪を切る場面です。

フリンは、もう君には魔法の髪はいらない、僕が守るからと切ったのではないでしょうか?

まとめ

ラプンツェルの髪を切ったのはフリンでした。

ラプンツェルを守るためにしたことです。

そこには、ラプンツェルを愛したがゆえに、過去を振り返らない覚悟がありました。
いまを生ききる信念がありました。

「前後際断」は幽閉に近い塔から飛び出した瞬間から、始まっていました。

そして最後に、髪を切ることで、過去は死に、いまこの瞬間の愛に生きるのでした。

「本来空寂」寄り添い傾聴したラプンツェルの恋のはじまり 

おとな女子の禅とディズニープリンセス

タイトルとURLをコピーしました