自然

自然

上皇后(美智子様)と「でんでんむしのかなしみ」

「でんでんむしのかなしみ」は作家新美南吉氏による児童文学作品です。 創作童話として1935年(昭和10年)に発表されて以降、広く親しまれてきました。 この作品に注目が集まったのは1998年。 上皇后がインドのニューデリーで...
自然

妖艶な骨女、仕事を忘れて絶品!和スイーツでまったり

品川宿は、慶長6年(1601年)に、中世以来の港町として栄えていた品川湊の近くに設置され、北宿、南宿、新宿に分かれていました。 古典落語の廓噺(居残り佐平次、品川心中等)の舞台として有名な色街としても有名。 他の宿場と同じく岡場所...
自然

雨降り小僧に絶品涙雨

岩手県上閉伊郡の仙人峠で、キツネが雨降小僧に「狐の嫁入りをするから雨を降らせてくれ」と頼んだところ、小僧が手にした提灯を振るとたちまち雨が降り出し、その中を狐の嫁入りが続いて行ったという話があります。 さらに、 雨の夜を男が歩いてい...
自然

妖怪天邪鬼は柿の種が好物

天邪鬼(あまのじゃく)とは、その字が語るように「天の邪魔をする鬼」。 「和漢三才図会 」では、「先代旧事本紀 」からの引用で、スサノオが吐き出した体内の猛気が、天逆毎という妖怪になったとあります。 これが、あまのじゃくやのルーツと...
自然

水神に愛された越後姫

新潟県両津市(りょうつし)は、1954年から2004年まで、新潟県の佐渡北部にあった市ですが、2004年3月1日に、合併して佐渡市の一部になりました。 この地域に伝承される水神さまのお話。 昔、加茂村に武右衛門という者が住んでいまし...
からだデザイン

絶品星占いでベターライフ

地球から空を見ると、星が輝いています。 星は互いの位置関係を保っています。星座とは、星の配置から星と星を結んで「見た目の特徴」から連想して動物や人物、道具など事物の名前で呼んだものです。 星は位置関係を保っていますが、時間や季節と共...
からだデザイン

古代人は中央構造線断層帯上で何かを目撃していた!

今回の熊本地震は、日本の中心を貫いている「中央構造線断層帯」と呼ばれる世界最大級の断層の起点部分の揺れであることが判明してきました。 中央構造線断層帯は九州(熊本)から四国、本州(長野)を貫く巨大な断層で広範囲にわたるものです。  ...
からだデザイン

妖怪って、本当にいるの?

妖怪って、本当にいるのでしょうか? もうそれは個人の見解に任すしかありませんが、自分の体験からして霊が蠢いていることは間違いありません。 お化けの中には幽霊も妖怪も霊もごった煮になっていて、それぞれ違うものだと思います。 霊は霊魂...
自然

遠州の泣き婆は芋切りを食べながら泣く

遠州の名産といえば、空っ風で育まれた白い粉が自慢のスティックタイプ、つまり角切りの干し芋。 この干し芋は空っ風による天日干しが特長。 白い粉は風の恵みによる乾燥時に出るもので自然のものです。 紅はるかやいずみ芋といった品種の芋...
からだデザイン

嘗め女はすだちの酸っぱさに夢中

かつて阿波国(現・徳島県)の富豪に娘がいました。 すごい美人でしたが、なぜか男の体をやたらに嘗め回す癖がありました。 あるとき、娘の美貌に魅入られた若者が婿入りしました。 若者は胸をときめかし寝床に入りますが、娘は若者の頭から足先...
からだデザイン

酒呑童子の恋人、羅生門の鬼はスイーツポテトが大好き

羅生門の鬼「茨木童子」は大江山酒呑童子と意気投合、酒呑童子の配下として大江山を拠点に京を荒らし回った有名な鬼です。 酒呑童子にまつわるエピソードでも、京都の一条戻り橋の上での源頼光四天王のひとり渡辺綱と茨木童子の戦いは有名です。 ...
快眠の食

大江山酒天童子は黒枝豆で酒を飲んで寝る

大江山(おおえやま)は京都府丹後半島の付け根に位置し与謝野町、福知山市、宮津市にまたがる連山。 大江山酒天童子伝説には、京都市西京区にある山城国と丹波国の境、山陰道に面した大枝山(おおえやま)という説もあります。 大江山の3つの鬼...
からだデザイン

「辛いことがあったらいつでも呼んでくれ」と妖怪が言った

空神は和歌山県西牟婁郡に伝わる神隠しの妖怪です。 空神伝説――  西牟婁郡(和歌山県上富町)に、万蔵という男が住んでいました。 ある日万蔵は、妻と些細なことで喧嘩してしまい、家を飛び出したのです。 すると家を出てすぐの道で、山伏...
自然

磯天狗から絶品さんま寿司を守りたい

先日、伊勢神宮の「おかげ横丁」を訪れた際に、テイクアウトオンリーだったので、荷物になるので諦めましたが、食べたかったのが熊野灘の絶品「さんま寿司」です。 熊野灘とは、和歌山県の潮岬から三重県大王崎にかけての海域で、絶好のホエールウォッ...
からだデザイン

妖怪・後神に肘鉄食わせて大胆絶品の伊勢うどん

三重県伊勢地方に伝わる妖怪「後神」。 鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』では頭頂部に一つ目を頂く女性の幽霊のような姿で描かれています。 鳥山石燕(とりやま せきえん) 正徳2年(1712年)生まれ、江戸時代後期の浮世絵師。狩野...
タイトルとURLをコピーしました