からだデザイン

絶品寿司にルールはあるか

寿司には難しいルールがあって、それが苦手で回転寿司が気楽でいいという人が少なくありません。 しかし、握り寿司の食べ方に、そんなルールがあるのでしょうか? 高級なお店では、こだわりがありますが、こだわることで高級感を打ち出している側...
からだデザイン

ヤマトタケルから信長・光秀・秀吉まで絶品歴史ロマン旅

滋賀13景というと、醒ヶ井、彦根城、近江八幡、比叡山延暦寺、坂本、白鬚神社、畑の棚田、琵琶湖、竹生島、向源寺、長浜、伊吹山。というのが定番。グルメも琵琶湖の鮒鮨から近江牛まで舌を圧倒します。 周囲約235Km、長さ63.5Kmという日...
からだデザイン

あっぽっしゃ

「あっぽっしゃ」って、なんのことだか分かりますか。 「泣く子はいねがー! 悪い子はいねがー!と声を挙げながら徘徊し、子どもを恐怖のどん底へと落とす秋田の大晦日の風物詩である「なまはげ」の福井バーションが「あっぽっしゃ」です。 福井県福井...
からだデザイン

ひとつ目妖怪が棲む熊野の絶品にぎり

世界遺産に指定された熊野古道がある熊野(くまの)は、和歌山県南部と三重県南部からなる地域で、紀伊半島南端部を占めます。 世界遺産である田辺市の熊野本宮大社・新宮市の熊野速玉大社・那智勝浦町の熊野那智大社からなる熊野三山は熊野信仰の中心...
からだデザイン

加太の海坊主は雀が大好き

海坊主は海に住む妖怪の代表。多くは夜間、突然海上に現れ穏やかだった海面が突然盛り上がり暴風の荒波を巻き起こし、船をひっくり返して沈めてしまうそうです。数百メートルある身長の妖怪。海で出会ったら最後です。 和歌山市加太にはこんな話が残っ...
からだデザイン

「辛いことがあったらいつでも呼んでくれ」と妖怪が言った

空神は和歌山県西牟婁郡に伝わる神隠しの妖怪です。 空神伝説――  西牟婁郡(和歌山県上富町)に、万蔵という男が住んでいました。 ある日万蔵は、妻と些細なことで喧嘩してしまい、家を飛び出したのです。 すると家を出てすぐの道で、山伏...
からだデザイン

妖怪・後神に肘鉄食わせて大胆絶品の伊勢うどん

三重県伊勢地方に伝わる妖怪「後神」。 鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』では頭頂部に一つ目を頂く女性の幽霊のような姿で描かれています。 鳥山石燕(とりやま せきえん) 正徳2年(1712年)生まれ、江戸時代後期の浮世絵師。狩野...
自然

磯天狗から絶品さんま寿司を守りたい

先日、伊勢神宮の「おかげ横丁」を訪れた際に、テイクアウトオンリーだったので、荷物になるので諦めましたが、食べたかったのが熊野灘の絶品「さんま寿司」です。 熊野灘とは、和歌山県の潮岬から三重県大王崎にかけての海域で、絶好のホエールウォッ...
からだデザイン

酒呑童子の恋人、羅生門の鬼はスイーツポテトが大好き

羅生門の鬼「茨木童子」は大江山酒呑童子と意気投合、酒呑童子の配下として大江山を拠点に京を荒らし回った有名な鬼です。 酒呑童子にまつわるエピソードでも、京都の一条戻り橋の上での源頼光四天王のひとり渡辺綱と茨木童子の戦いは有名です。 ...
からだデザイン

嘗め女はすだちの酸っぱさに夢中

かつて阿波国(現・徳島県)の富豪に娘がいました。 すごい美人でしたが、なぜか男の体をやたらに嘗め回す癖がありました。 あるとき、娘の美貌に魅入られた若者が婿入りしました。 若者は胸をときめかし寝床に入りますが、娘は若者の頭から足先...
自然

遠州の泣き婆は芋切りを食べながら泣く

遠州の名産といえば、空っ風で育まれた白い粉が自慢のスティックタイプ、つまり角切りの干し芋。 この干し芋は空っ風による天日干しが特長。 白い粉は風の恵みによる乾燥時に出るもので自然のものです。 紅はるかやいずみ芋といった品種の芋...
からだデザイン

めんどうイノチ

ルーティーンワークになってるから何気なくやってるけど、 毎朝、目が覚めたら、めんどうなことがはじまります。 食事の支度も、掃除も、めんどう。 パソコンもスマホも便利だけど、裏返せばめんどう。 あのID、パスワードっ...
ホームオフィス

ノマド(Nomadics)について

世界の幸福度ランキングで日本は46位。 トップは去年同様スイス、2位アイスランド(同9位)、3位デンマーク(同1位)と北欧の国々が上位を独占。韓国の47位など、アジアは全体に低調。 評価の対象となる変数は ●国民1人当りの実質...
からだデザイン

手紙を書く

外国を旅行していると、 空港やカフェで手紙を書いている人、特に女性をよく見かけます。 SNSが発達して瞬時に伝えられるいまでも、その風潮は残っているようで、 自分なんかもよくもらいます。 書いてある内容はたわいのないもの...
からだデザイン

朝食前に

朝めし前という言葉があります。 なので、朝食前に やったことのないことに挑戦する。 とうぜんのように、 わからない、できない なんだ、波、こんな、波。 空腹感が強くなったり、没頭して忘れたり。 時に、昼を過ぎて...
タイトルとURLをコピーしました